アンコールワットに行くなら覚悟したほうがいい。完全に「中国人の観光地」となり全然楽しめない。 経験豊富な

設定変更はどのカンボジアカジノ – 155581

キーワード: 検索。

マカオに次ぐアジアのカジノ大国

タグ: お得 たのしい。 カジノのある海外の都市というと、日本のカジノファンの方々にとっては、ラスベガスやマカオなどがよく知られていると思いますが、実はこちらカンボジアにもカジノがあるんです。しかもその数は24!(年2月現在)と、数の上ではアジアのなかでマカオに次ぐカジノ大国と言えます。そのなかでも、タイと国境を接するバンテアイミエンチェイ州の町ポイペトにはゴールデンクラウンリゾート、グランドダイヤモンドシティー、ホリデイパレスリゾート&カジノといった多くのカジノが集まり、 「カンボジアのラスベガス」 と形容されることもあるほどです。 ポイペトの町には設備の整ったホテルはほとんどないに等しい状態ですが、カジノ併設のホテルは、カジノ客をおもなターゲットにしているためか、 清潔感もあり、設備がきちんとしている割に1泊30ドル程度とお得な料金設定 です。ポイペトにはカジノ以外にこれといった観光資源はありませんが、島国日本ではなかなか味わえない「国境の町」に滞在してみるのもなかなかおもしろい経験ではないでしょうか。カジノはポイペトからタイ側の国境の町アランヤプラテートへと続く道に沿って立ち並んでいますが、タイ国内ではカジノの営業は違法であるため、国境を越えてタイ側へ足を踏み入れると、そこにはもうカジノは見当たりません。「国境」というものを肌で感じさせてくれます。

冷房の効いたカジノで一息休憩!?

150 50. 7 5 4 3 1. - CasiQura - 2 -. "Brazil Bomba" "Sahara nights". Wild"The Golden City" "Wilderland".

【カンボジアカジノ】プノンペンのNAGAWORLD2ホテルに無料招待されたのでカジノを勝負してきた! CLUB・朝食ビュフェなども紹介

ディスカッション