「橋下氏の慰安婦発言」で検索(全16件) 経験豊富な

当選者一覧慰安婦橋下スロット – 177664

同関係者は「 日本軍慰安婦問題は過去、日本の帝国主義の膨張過程で広範囲で行われた戦時の性暴力行為 」と指摘。「 重大な人権侵害であるとの共感が国際社会に形成されている 」と述べた。

橋下慰安婦発言にあのトップレス抗議団体が大激怒。来日抗議も!?

橋下徹大阪市長(43)の従軍慰安婦、風俗発言で国内外から火だるまになっている日本維新の会で、小沢鋭仁国会対策委員長(58)が22日、議員生活20周年の政治資金パーティーを開催した。  橋下発言でみんなの党は6月の都議選及び7月の参院選で、維新との選挙協力の解消を決定。西村真悟衆院議員(64)は売春婦発言で除名処分され、歴史認識をめぐっても橋下氏と石原慎太郎共同代表(80)との間に違いが露呈し、維新は空中分裂どころか消滅危機さえもささやかれる始末だ。  挨拶に立った維新の松野頼久国会議員団幹事長(52)は「(みんなとの協力解消は)仲の良かった友人におなかを蹴られた気分」と泣きが入り、主役である小沢氏は「橋下さんは言い方がきついが、しっかり説明していけば、国民の方々の理解は得られる」と平身低頭で釈明に追われるばかりだった。  党代表の石原氏も姿を見せないまま、乾杯の挨拶をしたのがサプライズで登場した歌手の加山雄三(76)だった。小沢氏が環境相時代にエコ問題で加山を応援団長に任命するなど親しい間柄で「君といつまでも」を熱唱しながら登壇。「ふたりの思いは変わらない いつまでも~」はブラックジョークにも聞こえてくる微妙な空気となり、曲の終わりに入るおなじみの「幸せだな~」のセリフは、盛り上がりに欠けた。  加山は「先に言われてしまった。僕はサプライズにならなかった」と頭をポリポリ。というのも、小沢氏と当選同期のよしみで駆けつけた自民党の鴨下一郎国対委員長(64)の挨拶時に「君といつまでも」が会場内に流れてしまうチョンボが発生。鴨下氏は「幸せだな~」と絶妙なアドリブを入れていたのだ。野党分断でほくそ笑んでいる鴨下氏の本音ともとれ、加山氏も「あのアドリブは素晴らしい」と苦笑。迷走する維新の現状そのままのパーティーとなってしまった。

ディスカッション