行く前に知っておくべきラスベガスカジノのルール!名店ホテルも合わせて紹介 幸せ

ルールカジノ年齢制限 – 423667

こんにちは。 Compathy Magazine ライターのOkkAです。 ラスベガスといえば最初にカジノを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

世界にカジノがある国を例にして、年齢基準を見ていきます。 まず注意してほしいのが、 『カジノは成人になったら入場できる』 という考えを持っている方は、まずは その常識を投げ捨ててみてください。

いざ、カジノの中へ!マナーを押さえたスマートな遊び方

では、世界のカジノでは 何歳からの入場 が出来るのでしょうか? ということで、今回は 世界中のカジノの年齢制限 について特集したいと思います。 世界でもっとも有名なカジノの町 ラスベガスでは、。 その他の州についても一部例外を除いて21歳から となっています。

大阪カジノの年齢制限: 18-21歳未成年

ラスベガスがあるネバダ州において、カジノでのプレーが認められているのは 21才から だ。  上の写真内の赤い部分はラスベガス国際空港(マッキャラン空港)内に設置されているスロットマシンに書かれている注意書きで、そのことが読み取れる。  つまりこの写真内の LOITER や NEAR といった文字からもわかる通り、21才未満の者はカジノ内のみならず、空港のような公共の場所においても、スロットマシンのプレーはおろか、マシンの近くでぶらぶらすることすら許されていない。

関連記事(一部広告)

ラスベガスのカジノでは、服装については短パンにTシャツでもOKで、細かいことは言われませんが、年齢については厳格です。 カジノでプレイするには、21歳以上 でなければいけません。 昨今の世界的傾向と同じく、アメリカ国内においても喫煙に対する風当たりは厳しく、カジノ内は原則禁煙となっているところが多いようです。しかし、諸般の事情から、 ネバダ 州では喫煙に対する規制が比較的緩やかで、カジノ内が全面禁煙となっているというわけでもありません。カジノによっては、スロットマシンの一部の区域や テーブルゲーム の一部を喫煙可としており、愛煙家の希望に応じているようです。 自分で好みの アルコール飲料 を持ち込んでも勿論構いませんが、そうしなくてもカジノ内を飲み物の注文を取るお姉さん方が巡回しているので、ビールでもウィスキーでも好きなものを頼めば持って来てくれます。日本酒や老酒などはありませんが、ワインはあります。ミネラルウォーターやジュース等の飲み物も勿論あります。持って来てくれたお姉さんには1ドルくらいチップを渡しましょう。これはカジノチップでも現金でもかまいません。 カジノ内で アルコール飲料 がこのように優遇されているのは、 人間誰しも飲めば自制力が減退するから にほかなりません。カジノにとって、 アルコール飲料 を提供することに要する費用を補って余りある利益を得られることがその効果として期待できるからこそ、カジノは無料で アルコール飲料 を提供するのです。この厳然たる事実を良く念頭に置き、くれぐれも飲みすぎにはお気を付けて。 各ホテルによって大小の違いはありますが、総じて、どこも韓国などにあるカジノより遥かに規模が大きく、広大なスペースの中に、圧倒的な数のスロットマシンを備えています。それと同時に、多数の各種 テーブルゲーム のテーブルが配置されています。この 「 テーブルゲーム の多様性」は、ラスベガスが他都市を圧倒している と言っていいでしょう( マカオ はだいたい70%が バカラ 台)。

ディスカッション