【誘客都市 ~IRが変える大阪~ 第2部(2)】カジノ先行で依存症表面化 韓国・江原ランドの蹉跌(1/3ページ) - 産経ニュース その他

発生タイミング江原ランドカジノ – 531214

参加申し込み =会費納入と同時にメール、またはFBメッセンジャーで名前、連絡先、メールアドレスを運営者 (田中)まで送ってください。こちらから<招待メール>を発送し、teams の手順に従って登録します。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

江原ランド (カンウォンランド、韓国語:강원랜드)は 大韓民国 江原道 旌善郡 に所在する カジノ ・ リゾート 運営企業。旧 炭鉱 跡を開発し カジノ ・ リゾート を経営している [2] [3] 。

韓国に暮らして30年。なぜか韓国、いまだに韓国、明日も韓国。2020年もよろしく

日本人が抱くカジノ問題の一つである「依存症問題」について伝える。そこでシンガポールのギャンブル中毒対策CMが紹介された。ただ各国ではカジノができるとギャンブル依存症の人が増えると語っている様子が伝えられた。 スタジオではカジノによってギャンブル依存症になる人が増えるのかと話題になった。そこで各国でどのような入場規制があるのか紹介された。プロポーカープレイヤーの木原直哉に話を聞く。木原直哉は依存症について、ゲームと思っているのかお金を稼ぎたいと思っているのかについて違ってくると語った。田嶋陽子は高齢者が依存すると老後のお金を食いつぶすのではないかと不安を語った。

ディスカッション