フィリピン、カジノ好調 ソレアは14年増収増益に プレイスタイル

投資ソレアリゾートカジノ – 656189

フィリピンのドゥテルテ大統領は28日、新型コロナウイルスの感染拡大を抑止するために実施していた外出・移動制限措置について、6月1日から大幅に緩和することを発表した。 依然として1日当たりの新規感染者数は人を超えているものの、一定の抑え込みには成功したと。

ソレア第1四半期40%減益、オカダ・マニラの猛追影響か

シティ・オブ・ドリームス内のテーマパーク。フィリピンは官民を挙げてカジノ付き統合リゾートの開発に注力している(ブルームバーグ) 【拡大】。 現在位置: トップ 政策・市況 海外情勢 ニュース詳細 政策・市況 総合トップ 国内 海外情勢 市況 フォト。 フィリピンのマニラ首都圏で今年2月にカジノ付き統合リゾート「シティ・オブ・ドリームス」を本格開業したメルコ・クラウン(フィリピン)リゾーツは、上期(1~6月期)の赤字が49億ペソ(約62億円)で前年同期の24億ペソから赤字幅が拡大した。他の統合リゾート運営会社も減益となるなか、同国のカジノ運営を統括する公社PAGCORは今後について強気の見解を示している。現地紙マニラ・タイムズなどが報じた。  メルコ・クラウンによると、シティ・オブ・ドリームスの上期の売上高は57億ペソ、内訳はカジノ部門が48億5000万ペソ、ホテル部門が2億9450万ペソなどとなっている。一方で施設の本格稼働に伴い、運営費が前年同期の12億6000万ペソから91億8000万ペソに膨らみ利益を押し下げた。  同社は、税金やライセンス料、人件費などの経費に加え、継続中のリゾート施設開発の費用がかさんだと分析し、シティ・オブ・ドリームスについては全従業員の2%に相当する100人の人員削減を行うなどの経費削減策を発表した。同社幹部は、6月にカジノのVIP部門を新たに開業したとして後半の巻き返しに自信をみせている。

マニラ湾岸のカジノリゾート、第1四半期の業績悪化

We have not tried arranging for birthday though it will be. Our pleasure to carry out and fulfill it Please send us your idea in surprising your loved one and we will be glad to help you Anne D 4Warmest Greetings from Fort Ilocandia.

投資ソレアリゾートカジノ – 145786

産経デジタルサービス

ATM ATM 50 …… 2 Taiyo 1BAR…… BAR 3 …… 1 …… 25 MAX 1 20119 1 50 …… Treasures 5 15…… 1 …… …… BAR Report PhotoRocketNews 24 English. 413 …… …….

ディスカッション