ベトナムのカジノ事情とおすすめカジノホテル10選!【人気】 プレイスタイル

誕生日ボーナスでプレイハイアットホテル&カジノ – 41809

カジノ内での両替の際に手数料を抑えたい人は『ホールドシステム』というものがあります。 手数料なしで一時的に換金してもらい、ゲームの終了後に全額返金するという両替システムです。 例として、為替レート1円=ドンなら、ホールドシステムで1万円をホールドすることによって万ドンを受け取ることができ、ゲームが終わった後にホールドしていた万ドンを返金すると元の1万円 日本円 に換金されるというものです。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

このカジノへは、タクシーを使うとストリップから30ドル程度かかります(チップ込み)。しかし、コストパフォーマンスは高いでしょう。 最初にボイドゲーミングのカジノ(系列です)を訪れたときには、身分証明を提示して「BConnected」に入会しましょう。この会員カードはボイドゲーミング運営のカジノで共通利用でき、カジノで標準的にプレイする人には、様々な特典を得ることも出来ます。 私は自身の50歳の誕生日に、ポーカールームへ遊びに行きました。 私の友達とも、カジノでの体験が忘れられず、また遊びに行かずにはいられません。 ゲームに疲れたら、他の遊びを楽しみたい人にも、このホテルはたくさんの選択肢を用意してくれています。 18スクリーンの映画館、ミスティックフォールズパークを通り、56レーンのボウリングセンターも、歩いてすぐです。 少し手配を待てば、タクシーでストリップやダウンタウンに戻ることもできます。 もしお時間があるようなら、系列のメインストリート・ステーションがダウンタウンにあるので、是非足を運んでみてください。 部屋…標準。日本人の方はシャワー固定とバスタブ浅めなのが要注意ですが、お湯の供給はしっかりとしています。 カジノ…1セントマシン豊富、観光客の方はシルバーストライクというマシンでお土産コインをゲットしてみてはいかがでしょうか。テーブルも3ドルクラップスなど低額に遊べるほか、キノ、スポーツブックとカジノの定番は一通り揃っています。お金がないって人はビンゴに参加するのも良いでしょう(7ドルから)。ポイントボーナスキャンペーンが比較的多いので、プレイヤーズクラブカードへの入会は忘れずに! バフェ…プレイヤーズクラブ「Bconnected」への入会は忘れずに。特別メニューがない場合、朝6ドル、夜10ドルという素敵な値段でたっぷり食べられるバフェがあなたを待っています。スロットなどでポイント以上獲得している場合、ポイントを代金へ充当できますので、レジで「Pay by Point」の一言を忘れずに。 その他食事…24時間営業のカフェがスポーツブック付近に。あとはフードコートにマクドナルドと中華料理系のパンダエクスプレス。南側にサブウェイとダンキンドーナツ、アイスクリーム店。これらも全てカードポイント払いの対象です。 連絡バス…ダウンタウンの系列ホテルと、ストリップに無料連絡バスがあります(一応建前上、利用料はリゾートフィーに含まれます)。うまく使えば中心部へも簡単に出られます。 路線バス…これ以外にダウンタウンへはBHX系統、ストリップへは系統のバスで行くことができます。1乗車2ドル。 レジャー…ボウリング場が地下に。日本でも滅多に見られない1フロア56レーン。深夜なら1G奇跡の1ドルから! 映画館、プール、ライブハウスがあります。 トータルではお勧めです。リーズナブルに滞在したければ、ローカルカジノも決して悪くありません。 ストリップからは少し離れているが、レンタカーがあればそれほど遠くない。 フーバーダムやグランドキャニオンに行く時に寄るのも良い。 カジノのミニマムも低め。プレイヤーズカードのポイントも貯まりやすいし、機械に通せば今受けれる特典が自分で確かめることができ発券もできる。 バフェは破格、ストリップの一昔前の値段で食べれる。 内容もそれほど劣っていない。 車さえあれば、ショーやショッピングは中心街 ストリップ で楽しんで、夜中にこのホテルに戻ってゆっくり過ごす。郊外 特にグランドキャニオンやルート66 をドライブするのには丁度良い場所です。大きいホテルなので映画や無料のショーも楽しめます。周辺の治安は若干心配ですから、ホテル内で過ごすことをお薦めします。 Sams Townは2回目でしたが、間違いありませんでした。 部屋は広く、ホテル、カジノ、レストランの従業員はカスタマーサービスにとても気を配っています。 ストリップからは20~30分ほどですが、1つのストリップから別のストリップに車で移動し、2つのホテルを歩いて通り抜けるのに30分かかります!

誕生日ボーナスでプレイハイアットホテル&カジノ – 416549

カジノで使えるお金と同じ価値のあるクーポン

resocasi さんのツイート。 コメント( 5)。 さて、カジノの成果です。 BJテーブルは初心者が多く、BSって、な・あ・に?という方が本当に多いです。 とにかくディーラーのカードが何であろうと、果敢にスプリットをしたがります。 絵札+絵札で20なのに、ディーラーが絵札であっても躊躇無く得意になってスプリットです! ちなみに、スプリット後のカードにもペア賭けができます。 そんなこんなで、流れは濁流です。 これは想定内のことでしたが、その渓谷ラインくだりのような濁流をうまく乗り切って、初日は結構調子よかったです。 結果的にベットアップが抑制(こんな荒波の中では大玉は張れませんって:笑)されましたので、楽しくプレーしました。 10ドルのBJ卓で、ベットマネジメントは、10、20-40-60、ベットアップは150~200と気楽にワイワイと(当然お酒もいっぱいいただきながら)楽しみました。 理想の右肩上がりです。 大きな失策によるマイナスもなく、じわりじわりとチップが増え、1500ドル増えたところでホテルに帰ります。 時間は午前1時くらいだったでしょうか。 ホテルに帰って、先ずはホテルの専用ビーチとプールを堪能します。 いずれもそんなに広くはないですが、コンパクトな感じがちょうどいいです。 ぼーっとしているのは案外好きですが、そろそろ勝負に向かいます。 2日目ももちろんBJです。今日は25ドルテーブルにしてみました。 ここでちょっとした珍事件発生です。 ファーストベースの中国人カップル、ワンボックスを2人で共有しています。 ディーラー絵札に対して、ハンドは5と9の14。 と、ここでその二人が同時に別のアクションをします。 男:サレンダー 女:ヒット その目立ったヒットアクションを受けてディーラーはカードをディール・・・ その刹那、ベットオーナーの男がそれを制します。 カードはもうシューから離れてしまっています。 ピットを呼んで10分間ほど中断します。 関係者からの事情聴取を終えて、ピットが出した結論がたいへん興味深かったです。 男のサレンダーは認めて、チップは半分回収。 そして女のヒットも認めて、カードをディール。試合続行!!

ディスカッション