ラスベガスのおすすめカジノホテル大特集!【2019年版】 プレイスタイル

日本人に人気ベガスカジノ – 697936

マカオやソウルなど世界中にカジノはありますが、やはり本場といえばラスベガス。 日本人にとって旅先でしか訪れる機会のないカジノですが、年齢制限や服装、チップなどルールやマナーを理解すれば、誰でも気軽に楽しむことができます。 もっとも気軽にプレイできるのが、スロットマシーン。英会話の必要もなく、一人でのんびりプレイしたい人にはおすすめです。ルーレットやブラックジャックなども、初心者には比較的わかりやすく親しみやすいゲームです。 カジノだけではなく、店舗それぞれのテーマを持った建物も個性的で、雰囲気だけでも充分に楽しめます。非日常的な世界を体験できる魅力的な街、ラスベガスのカジノを思う存分に満喫しませんか。

ラスベガス発でおすすめ体験ランキング

ラスベガスで「億」を超える金額のジャックポットが当たったというニュースがたまにメディアを賑わせることがありますが、ほとんどアメリカ人や外国人で、日本人が当たったという話題を耳にする事はありませんでした・・・ですが、調べてみると、日本人がジャックポットを当てた事があるようなんです。 当てたのは「この人」。 ラスベガスのジャックポットというと、当選が出てリセットされても1000万ドル(約10億円)から始まる「メガバックス(MEGABUCKS)」が有名ですが、この日本人男性が当てたのは、「ホイール・オブ・フォーチューン(Wheel of Fortune)」という機種。

いざ、カジノの中へ!マナーを押さえたスマートな遊び方

ラスベガスには数多くのカジノがあるので、色々なカジノに行ってみたいが、多くあり過ぎてどうしたらいいかわからない、宿泊先を探しているけれど、どこに泊まったらいいのか?と悩んでいる方のために、おすすめホテルとして、 各ホテルの特徴 と カジノの雰囲気 についてまとめてみました。 やはり、このホテルは目立ちます。 エジプトをテーマ にしたホテルは、外観も ピラミッド型 。 ヴェネチアンとパラッツォは隣同士に建つ 姉妹ホテル です。横長のヴェネチアンに対し、縦長のシルエットがパラッツォです。 横に長く広大なホテル、ヴェネチアンより、縦長の パラッツォは移動が楽 だという意見が多いです。また客室にカジノを通らずにアクセスできるのも好評。 しかし、 ホテル内の雰囲気は やはり ヴェネチアン の方が人気。運河やゴージャスなロビーはやはりラスベガスに来た実感を与えてくれます。

カジノ初心者もこれで安心!ラスベガスの必読ルールまとめ

ラスベガスでカジノができる主な場所 は、ホテルが立ち並ぶ「 ストリップ 」こと ラスベガス大通り か ダウンタウン のアーケード街。より 安全にカジノを楽しむ なら、断然 ホテルがおすすめ です! ラスベガス名物である多くの ホテル では、 1階がカジノエリア になっています。これはチェックインの際や客室に行く時に、 宿泊客が必ず通る経路 なのです。 客室には冷蔵庫が付いていない ことも珍しくありません。他にも、面白い映画が部屋では見れなかったり、 Wi-Fi回線が遅い 場合があります。 イタリア・水の都ヴェニスをモチーフにした ホテルベネチアンは 、なんと客室が 全室スイートルーム ! セレブ気分で滞在 する事ができます。

ディスカッション