【フィリピン編】カジモ編集部がオススメするカジノリゾートホテル 概要

ブラックジャック実践ノブホテルマニラカジノ – 406552

フィリピンには国内数ヶ所に政府運営のカジノが存在します。 フィリピンカジノの特徴は地元密着型営業の理想とも言える賑わいがあり、笑い声の絶えないアットホームな雰囲気です。 オンラインカジノの中でもフィリピン政府公認のライセンスを取得しているところが数多くあります。

フィリピンのカジノ情報

朝から昼まで乗り継ぎで時間があったので噂に聞いていた、カジノに行ってきました。 結論から言うと、空港のターミナル3出口から歩いて行くのが一番近いです。 カジノをやるだけなら特にお金もかからず荷物も。 マニラには大きなカジノがいくつもありますが、どこもブラックジャックの片身は狭いです。ここも、非常に少ないですが、ブラックジャックで珍しいルールのテーブルがあります。それは、フリー・ベット・ブラックジャック。 9、10、11からのダブルダウン、20を除いたスプリットが、無料でできまるブラックジャックです。スプリット後のダブルダウンや、スプリット、スプリット、ダブルダウンなんてのも、みんな無料です。その代わり、ディーラーが22になってもバーストではなく、引き分けとなります。 色んな国のカジノを旅してますが、このルールはここ以外で知りません。非常に珍しい、かつ、とても楽しめるブラックジャックでした。 空港近くにあるカジノです。カードゲームはバカラが非常に多いです。 絞れる台はミニマムペソ機械式だとペソから掛けられます。 台は少ないですがブラックジャックはペソから掛けることが出来ます。 他の国のカジノに比べてミニマムベットが低いので初心者におすすめです。 なお勝った場合、パスポートを提示して顔写真付きのメンバーカードを 作らないと換金できません。 とにかく空港から近い。マリオットやマキシムズなどの複数のホテルがあり、カジノ、ショッピングモール、映画館などがある。地元のフィリピン人と韓国、中国からのツーリストでごった返している。マニラ湾にあるソレアリゾートやシティ・オブ・ドリームス、Okada Manilaなどに比べると庶民的な感じはするが、賑やかなのは良い。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

フィリピンのカジノ市場規模はマカオ、シンガポールに次いで東南アジア第3位。 カジノ施設は国内に54店舗もあり、最近は政府主導で大規模なカジノIR事業を推進しているので、これから更なる成長が期待されている国なんです。

マニラのBJプレー環境

マニラ行きの格安航空券・飛行機を予約・比較・検索するならskyticket スカイチケット 。スカイチケットは旅行前でも国際線飛行機チケットを検索・比較して、最安値価格での予約実現を目指します。マニラ行きの様々な航空会社、全世界の空港発着の海外航空券を検索出来るサイトです。

ディスカッション