セネガルの首都・ダカールのカジノを紹介! 概要

ユーロからドル楽園リゾートカジノ – 553007

飛行機のように短時間で移動は出来ませんが、寄港地(観光地)まで乗り換えや移動手段を乗り継ぐことなく、何度も荷解きや荷造りをする時間を取られることがないので、むしろ時間を有効に使えるのです。 狭い席で窮屈な思いをすることなく、移動時間もお部屋でゆったりと寛いだり、船内のプールやアクティビティ、エンターテイメント、カジノ、スパなどを楽しめ、食べたい時に好きなものを食べることも出来ます。 また、普段はカジュアルに楽しみながら普段あまりなじみのないドレスコードで非日常な時間を味わえるのもクルーズの醍醐味です。

ベラジョンカジノの「売れてる」理由

個人投資の未来を共創する QUICKとFinatextの金融情報プラットフォーム。

ユーロからドル楽園リゾートカジノ – 670076

銘柄名・銘柄コード・キーワードで探す

海外でも、ヨーロッパの企業が運営するサービスが多い業界の中でも、遊べるゲーム数がとにかく多く、パソコンだけでなく、スマートフォンにも対応していて、スマホ利用率がとにかく高いオンラインカジノといえば「Vera & John Casino(ベラジョンカジノ)」というのは、誰もが口を揃えていう程。 このベラジョンカジノには、世界中はもとより日本人プレイヤーも多く在籍しているので、サービスもしっかりと日本語対応されています。 で、ベラジョンカジノはどこの企業がやっているかしってますか?「オンラインカジノ=海外のサービス」という認識はあってもそれ以上は知らない人が多いですよね・・・。ウェブサイトの運営者情報を見ると書いてあります。 運営者は「Dumarca Gaming Ltd。 出典: マルタ - Wikipedia。 ベラジョンカジノは、メディアで話題に上がる事の多いイギリスの上場企業「ウィリアムヒル(WilliamHill)」や「bet(ベットサンロクゴ)」や「Coral(コーラル)」ほどの知名度は無いかもしれませんが、業界でも特別な存在として「かなり売れている」オンラインカジノになります。 その人気の秘密は・・・。

いまブロマガで人気の記事

カジノ・ドゥ・ポートはダカール港の近くを通るリベラシオン通りに隣接し海を近くに臨むロケーションの良い立地にあり、レストランも併設しているカジノです。 カジノ自体は2つのフロアで構成されていて、1階部分にはレストランと併設するようにスロットマシンが置かれ、2階はブラックジャックやスタッドポーカー、ルーレットなどのテーブルゲームが遊べるフロアになっています。カジノとしては珍しくコロニアル風の内装が施されシックな雰囲気の中でプレイを楽しむことができるのです。 セネガルの公用語はフランス語で、カジノ・ドゥ・ポートの中でも英語はあまり通じず、フランス語でのやり取りが必要になってきます。 営業時間は正午12時から午前4時となっていて、入場するときにはパスポートなどの身分証明書がセキュリティチェックとして必要です。 客層は観光客だけでなくセネガル人も多く、港に外国の船や軍の艦船などが入港している場合はその船の船員なども遊びに来るとされています。カジノ内で使われる通貨はCFAと呼ばれる西アフリカフランで、ユーロやイギリスのポンド、アメリカドルが換金することができます。ディーラーはイスラム教の国であることもあり、全員が男性です。 カフェ・ドゥ・ローマ・ダカールはセネガルの西部に位置する海に囲まれリゾートホテルなども多いダカール半島の南部に存在しています。名前に「カフェ」とつくことからカジノとは思えないという人もいますが、アフリカ有数の企業でダカールに拠点を置くアンファグループが運営しているカジノです。ビジネスホテルやレストラン、バーなども併設しているほか、ビジネス街や観光名所などへのアクセスもいい場所です。 フランスからの観光客をはじめとしてカジノ・ドゥ・ポートよりも観光客の比率が多いとされていますが、どちらかというとカフェ・ドゥ・ローマ・ダカールは穴場のカジノといわれています。 スロットマシンがあるフロアは華やかな雰囲気ですが、その一方でテーブルゲームのフロアは白を基調とした穏やかな雰囲気の中でプレイを楽しむことができます。 カフェ・ドゥ・ローマ・ダカールの営業時間はカジノ・ドゥ・ポートよりも長く、午前10時から翌朝4時までとされています。 遊べるゲームの種類はスロットマシンのほか、ブラックジャック、ポーカー、カジノホールデム、ルーレットとあまり多くはありませんがそれだけ目移りすることなく堅実に遊べるとも言えるでしょう。 ここまでは セネガルにあるカジノ の中から2カ所をご紹介してきましたが、ここからはセネガルに旅行をするにあたって注意したい点や覚えておきたい点などについて見ていきます。 日本から見た場合セネガルがあるアフリカの国々は治安が悪いというイメージを持つ人も少なくないことでしょう。 実際セネガルが位置する西アフリカはアフリカ大陸の中でも治安が悪い国が多いのですが、セネガルはその中でも治安がいいほうに分類されています。 外務省が発表している海外安全ホームページの中では首都のダカールを含め、東部と南部を除き注意を意味する黄色の表示がされています。 テロの危険性はあるので渡航する上で注意が必要になっているのと、現地では両替やガイドなどを向こうから申し出てきて悪質な料金を請求されることもあるようです。 また スリや置き引き も多く発生しており、路上にいる行商人が複数でスリを行ったり、オートバイなどによるひったくりも発生しているので外出時には注意が必要です。 また違法薬物も横行していて、見知らぬ人から荷物を預かってほしいと言われ預かったらそれが違法薬物で、警察に捕まってしまったというケースもあるので怪しいと思ったら必ず断ったり逃げるようにしましょう。 セネガルをはじめとしてアフリカの国へ行くときには黄熱病や破傷風の 予防接種 をしておいたほうがいいです。セネガルはビザフリーの国ですが、季節によっては蚊などの虫も多く病気に感染するのを防ぐために必要で、以前はビザを取得するために黄熱病の予防接種は必要でした。しかし予防接種を考えるときには破傷風であれば1週間他の予防接種を打つことは禁止されていて、黄熱病の予防接種の場合は4週間の禁止期間があるので、渡航する時期から逆算をして予防接種をする順番を考える必要があります。 この他にも日本国内とはいくつか違いがあるので、渡航前に調べてから行くことが望まれます。 カジペディア 世界のカジノ セネガルの首都・ダカールのカジノを紹介! アフリカの西部に位置するセネガルは年までパリ-ダカール・ラリーのゴール地点としても知られ、サハラ砂漠に隣接した西アフリカの玄関口とも言える都市です。首都であるダカールは人口万人を超える大都市で、カジノも集まっています。ここではそんなダカールのカジノの中から2つについて見ていきます。 目次 1 Casino du Port(カジノ・ドゥ・ポート) 2 Cafe de Rome Dakar(カフェ・ドゥ・ローマ・ダカール) 3 事前にしっかりと情報収集を 4 まとめ。

ディスカッション