ルーレットは確率論?覚えておきたいベット方法 概要

は確率論バハマカジノ – 176682

カジノの定番ゲームと言えば、一番人気はバカラです。 しかし、ルーレットとブラックジャックはいつの時代でも廃れる事がありません。 その人気の秘密は、基本戦略さえマスターしてしまえば非常にペイアウトが高い事です。 今回は、そんなブラックジャックの基本戦略についてのレクチャーです。

カジノゲームは確率論で勝負になる?

Halmos, c by the American Mathematical Society 原書 『Beat the Dealer』 ギャンブルもトレードも確率と優位性を味方につけろ! 優位性とは、確率を計算できる者に訪れる「偶然のなかの必然性」である! ギャンブルを投資に生かす方法  ジェロラモ・カルダーノの時代から数学者たちは偶然というゲーム理論にのめりこんできた。しかし、これまで実践で驚くような成果を上げたのは、カリフォルニア大学アーバイン校のエドワード・O・ソープ教授だけである。ソープ教授はギャンブル攻略法を考案しただけでなく、自身が実際にカジノに出かけていってその正しさを証明した。また、賢明なるプレーヤーたちはソープ教授の必勝法をマスターすることに必死になった。カジノ側は賢明なるギャンブラーたちを追い出すことによって、ソープ教授の必勝法が正しいことを認めた。本書では、必勝法の要点を簡単な図表にまとめており、平均的なプレーヤーでも理解しやすいように配慮されている。  年にソープ教授が初めてこの必勝法を発表して以来、ラスベガスをはじめとするカジノはルールを変更せざるを得ない状況へと追い込また。そこで本書では、ラスベガス、アトランティックシティー、プエルトリコなどのカジノで、ルールが変更されてもプレーヤーが勝てる戦略や、イカサマディーラーに遭っても負けない方法を伝授している。  ソープ教授はその後、株式市場に主戦場を移し、そこでも数学的知識である確率、優位性を大いに活用し、大成功を収めた。本書で優位性とは何か、確率とは何かを正しく理解すれば、ツキに頼る投資法から脱却する第一歩になるだろう。  債券王として知られるピムコの ビル・グロス 氏が、大学生時代に大怪我で入院した際に読みあさっていたのが、本書『ディーラーをやっつけろ』です。21歳の彼は、本書を読んで「ブラックジャックで勝てる! ラスベガスへ行こう!」と決心したのです。 ラスベガスでは、安宿での睡眠以外をプレーに費やすことで、ドルの元手を1万ドルにまで増やしたといいます。「瞬時に成功の可能性をはじき、勝負の時期を見極める。そのために相手の手の内を読む」点で、ギャンブルと投資は似ていると考えた彼は株式投資の世界へと足を踏み入れることになるのです。 日経ヴェリタス 。 著者 エドワード・ソープ I Have a Photographic Memory, by Paul R。 Halmos, c by the American Mathematical Society 原書 『Beat the Dealer』。 著者紹介/エドワード・O・ソープ(Edward O。 Thorp) ニューメキシコ州大学やカリフォルニア大学アーバイン校で助教授として数学の教えていた。マサチューセッツ工科大学でC。

繧ュ繝」繝ウ繝壹・繝ウ縺翫h縺ウ霑ス蜉諠・ア

ブラックジャック(Black Jack)とは、プレイヤーとディーラーのカードの数字の合計で勝負するカードゲームです。プレイヤーは、合計21という数字を目指して、ディーラーよりも数字が大きくなるようにカードを引いていきます。プレイヤーは先に勝負する数字を整える事になりますが、ここで21をオーバーしてしまうと、その瞬間に負けが決定してしまうので、ディーラーの数字は関係なくなってしまいます。 ブラックジャックのテーブルには、自分のカードの数で勝負する以外にも、賭けられる場所があります。例えば、「ANY Pair」という場所には、次の勝負で文字通り、同じ数のカードが来ると予想してベットする場所になります。当たれば配当が11倍になるので、大きいですが、その分当たる確率も低い勝負になります。

ディスカッション