カジノ/ゲーミング業界について 概要

人気カジノ比国ゲーミングスロット – 901407

e-ゲーミングとは日本で言うところのインカジ インターネットカジノ にあたるわけだが、フィリピン国内では堂々と合法化されておりライセンス発行の下、各店舗が運営されている。e-ゲーミングと言ってもゲーム種は豊富で、バラエティに富んだスロットにバカラなどのカードゲームや各種ルーレットと、全てのカジノ系ゲームで実際にお金を賭けてプレイすることができる。

フィリピンカジノスロットを無料体験!スマホ&タブレット対応

日本でも年12月15日にIR推進法が成立し、カジノを含む統合型リゾート(Integrated Resort:IR)に注目が集まっていますが、世界に目を向けるとカジノが合法化されている国と地域はを超えています。こちらでは、LT Game Japanが市場ターゲットとしているアジアを中心に、カジノ・ゲーミング業界を取り巻く環境についてご紹介します。 日本では、年12月にIR推進法(特定複合観光施設の整備の推進移管する法律)が成立しました。「カジノ法」と呼ばれることの多いIR推進法ですが、カジノを含む統合型リゾートの整備を目的にした法案で、「Integrated Resort(=統合された) Resort(リゾート)」の頭文字をとったものです。 その内容は、「IR区域を認定し、マカオやラスベガスのようなカジノを含んだ観光施設を整備しましょう」というもの。そこで国内でもカジノに注目が集まっています。ただし、これから法整備を進める段階なので、東京オリンピック後の年頃から本格化するのではないかと考えられています。日本でもカジノが開業できるようになれば、ゲーミングマシンの需要は急激に増えることが予想されます。そこでLT Game Japanでは、先駆けて日本独自のコンテンツを活かしたゲーミングマシンの開発を進めております。 また、カジノが合法の国と地域はを超え、カジノ施設は4,以上、アジアだけでも以上が営業。近年はフィリピンやベトナム、シンガポール、マレーシアなどのアジア圏でカジノ施設が多く誕生しています。LT Game Japanは、このような東南アジア諸国のカジノ市場をターゲットに、アミューズメント性・エンターテイメント性に優れたゲーミングマシンを供給していく予定です。

バナー・オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

人気ナンバー1のテーブルゲームはバカラ 。 ポンツーン と現地のローカルゲーム・ レッド&ホワイト も人気。 完全日本語対応、サポートも日本語で迅速に対応 してくれ、英語アレルギーでも安心(笑)。 シンガポール マカオ 香港 韓国 台湾 フィリピン ベトナム マレーシア カンボジア ラオス ミャンマー タイ 東南アジア インド ネパール スリランカ カザフスタン オーストラリア ニュージーランド ニューカレドニア バヌアツ オセアニア グアム サイパン。 アメリカ ラスベガス ハワイ カナダ メキシコ アンティグア・バーブーダ アルバ ドミニカ共和国 ハイチ パナマ バハマ。 アルゼンチン ウルグアイ コロンビア チリ パラグアイ ブラジル ペルー。

遊びに行く前に知っておきたい!フィリピンカジノの特徴

フィリピンのカジノ市場規模はマカオ、シンガポールに次いで東南アジア第3位。 カジノ施設は国内に54店舗もあり、最近は政府主導で大規模なカジノIR事業を推進しているので、これから更なる成長が期待されている国なんです。 しかし、 近年は治安改善が前進したことで海外企業が参入し、魅力的な大型カジノリゾートがどんどん誕生しているんです。 フィリピンカジノは入場無料で、21歳以上であれば入場できます。 入場時にパスポートチェックがあるので、いつでも出せるようにしておきましょう。 一応荷物検査もありますが、厳しいチェックではありません。

日本でも注目度が高まる、カジノ/ゲーミング業界について

PICK UP.

ディスカッション