クラップス‐ルールや戦略、マナーを徹底解説 概要

実践動画グランドベガスカジノ – 995729

DMMぱちタウン 店舗情報 山形県 東根市 さくらんぼ東根 ベガス東根店 店舗詳細。

ベガス東根店(東根市 さくらんぼ東根駅)

クラップスはラスベガスのみならず世界中のカジノにおいて、ブラックジャック、ルーレット、バカラと並び広く行われているゲームのひとつである。  特にここラスベガスでは、クラップスのワイワイ騒ぎながらやる独特な雰囲気がアメリカ人気質に合っているのか、少なくともルーレットよりも盛り上がっているように見受けられる。 一方、これだけ多くの日本人がラスベガスを訪れるようになった今日においても、このクラップスを本格的に楽しんでいる日本人観光客は極めて少ない。  単独で黙々と遊ぶルーレットやブラックジャックとは異なり、客同士がハイタッチしたりしながら楽しむこのクラップスこそ、最もラスベガスらしい華やかなカジノ体験として良き思い出となるはずなので、もっと日本人にも参加してほしいゲームのひとつである。

ノーカット動画で見る、静まり返ってしまったラスベガス

人気の写真撮影スポット「ようこそラスベガス」のサイン。通常はたくさんの人で賑わっているが、この写真の撮影時(3月24日 5pm)はだれもいなかった。右上に見える青い看板に注目。 先週のこのコーナーで、 「活動しているラスベガスとしての最後の日」 を写真でレポートしてみた。  したがって、もはや今は 活動停止中 ということになり、実際に各カジノホテルは 完全に閉館 。人間にたとえるならば、 この街は呼吸をしていない 。 当然のことながら、取材するナイトショーもなければレストランもなく、ナイトクラブやショッピングモールも完全に閉まっている。  そうなると、数ヶ月以内にラスベガスを訪れようとしている読者に向けて発信すべき記事ネタなどはほとんどなく、せいぜい 「どこどこのホテルはいつ営業再開予定」 といったたぐいのことぐらいしかないが、その再開予定日もまったくあてにならない。  多くのカジノホテルは 4月17日前後の日 に再開すると発表しているが、それを信じる者はほとんどいないだろう。全米で感染者が急増中の現状を考えると、あと 3週間で新型コロナ騒動が終息するとは思えないからだ。 (ちなみにラスベガスを含むネバダ州全体の感染者数は現時点で約人程度。他の州と比べるとかなり少ないが、増加傾向にあることはまちがいない)。 テレビのニュース映像などでは、しばしば意図的に交通量や人が多いところや、もしくは逆に少ないところなど、特徴的な部分を切り取る形で撮影したりする傾向にあるが、ここでは実態がそのまま忠実に伝わるよう、ダウンタウン地区からストリップ大通りの南端までの連続走行を、あえて 編集など一切なしのノーカット のドライブレコーダー映像として掲載してみた。  つまり以下の9本の動画は、約3分ごとにファイルが分割されているものの、すべて切れ目なしの連続した場面ということになる。 結果的に交差点での信号待ちなど無駄な時間が多く含まれているが、そのへんの不便はあらかじめ了承願いたい。また超広角レンズによる撮影のため、かなり高速で走行しているように見えるかもしれないが、 早送り は一切使用していない。 (撮影日時は 年3月24日の夕刻)。

脳汁級のカジノスロットマシンのボーナス中映像「CRAZY STARS」

ディスカッション