「住宅ローン控除(減税)」の基本と計算方法 概要

評判のいい控除率 – 623057

auka(アウカ)には、これまで 1万人以上のお客様の家づくりをサポートしてきた 家づくりの専門家が在籍。「家づくりってよくわからない」こんな考えがある方はお気軽にアウカへご相談ください。

「毎月1日」は楽天ふるさと納税で楽天カード会員なら5%還元確定!

人気基礎知識最新。 そこで、 ふるとく編集部が実際にサイトを使って、メリットや特長を徹底的に比較検証しました。 本当におすすめのふるさと納税サイトが一目でわかります!

ふるさと納税サイト「さとふる」を徹底解説!利用方法やメリットデメリット

確定申告の案件を見る 比較ビズへご掲載をお考えの方。 株取引をした場合には、 売買で得た利益に対しての譲渡所得税と、配当金によって得た配当所得にかかる税 の2つがあります。譲渡所得税は株式を売った際、買った時よりも高く売れた場合にその差額に対して課される税金です。 譲渡所得税の対象となるのは上場企業や非上場会社の株式の譲渡のみではありません。有限会社の社員が持ち株を売却して利益を得た場合にも含まれます。配当所得は、配当を行っている会社の株式を、3月末などの決算期末に所有していた場合の所得で、それに対しても税金がかかります。 譲渡所得税も配当所得にかかる税も、 税率は20。 特定口座(源泉徴収あり)でも確定申告をした方がいいのは、複数の口座で株取引をしていて、 1つの口座では利益が出ているものの、もう1つの口座では損失が出ている場合 です。損益通算ができるので、確定申告をすれば天引きされた税金を返してもらうことができます。 また、配当金などと譲渡損を損益通算して源泉徴収税額に過払分が生じた時も確定申告をすれば還付を受けられます。ただし、配当金などを特定口座の「源泉徴収あり」で受け取っており、「株式数比例配分方式」で受領している場合には、年末に上場株式等の譲渡損失と配当金が自動的に損益通算されるので確定申告の必要はありません。 また、譲渡損益の年間損益合計がマイナスになってしまった時に、毎年確定申告をすることにすれば、その損失の金額を翌年以降3年間にわたって繰り越すことが可能です。注意点は、取引をしなかった年や利益がほとんどなかった年も出るかもしれませんが、その際にも必ず確定申告をする必要があるという点です。 上場企業から配当金を受け取る場合には金額にかかわらず申告は不要ですが、申告する場合には総合課税か申告分離課税のいずれかを選択します。ちなみに 譲渡所得の場合は申告分離課税のみ です。 総合課税を選ぶと上場株式等の譲渡損失との損益通算ができませんが、 配当控除 があります。申告分離課税では配当控除はありませんが、上場株式等の譲渡損失との損益通算ができます。上場株式等の譲渡損失がある場合は、損益通算ができる申告分離課税を選んだ方がいいと言えます。 ただし、損失と相殺しきれなかった金額は所得になってしまうので注意が必要です。配当控除を受けるために総合課税を選択した場合には、配当所得金などを含む課税総所得金額が万円超えで万円以下の場合は累進税率が20%で配当控除率は10%、差し引き負担率は10%になります。 万円超 万円以下は累進税率23%、配当控除率10%、差し引き負担率は13%です。一方、万円を超えた場合には、差し引き負担率は23%以上になり源泉徴収よりも税率が高くなってしまいます。ですから、所得税に限って言えば、 課税総所得金額が万円以下なら総合課税を選択したほうがいい ことになります。 総合課税を選択した場合の住民税に関して言えば、課税総所得金額1,万円以下の場合は、所得割から配当控除率を差し引くと差し引き負担率は7。

ディスカッション