カジノの年齢制限は事前確認が常識!国別の年齢基準を知ろう! 概要

基本ルカジノ年齢制限 – 269498

ラスベガスのカジノでは、服装については短パンにTシャツでもOKで、細かいことは言われませんが、年齢については厳格です。 カジノでプレイするには、21歳以上 でなければいけません。

ラスベガス大全とは?

では、世界のカジノでは 何歳からの入場 が出来るのでしょうか?

等身大ローローラーの寝言集

マカオにあるカジノには、入場制限があります。全ての方がそのカジノを利用できる訳ではありません。 現時点でそこを利用するとなると、少なくとも22歳以上でなければなりません。ですので21歳の方々などは、そこに入場する事はできないのです。 ではもしもその年齢以下の方々がそこに入場するとどうなるかと言うと、罰金が発生する場合があります。政府に対して所定の金額を支払う必要がありますし、マカオのカジノに対しても罰金を支払う必要があります。このため対象年齢以外の方がそこを利用してしまうと、お金を払う事になってしまうので要注意です。 ところで上記の22歳という制限は、現時点でのものです。今後状況によっては、そのルールが変わる可能性はあります。 現にマカオのカジノでは、一度その入場制限が変更になっています。数年前であれば18歳以上の方々は、そこに入場する事ができました。しかしある時からルール変更が発生し、現在では上記の年齢の方のみそこに入場できるです。ですので今後も変更になる可能性はあります。

関連記事(一部広告)

ラスベガスがあるネバダ州において、カジノでのプレーが認められているのは 21才から だ。  上の写真内の赤い部分はラスベガス国際空港(マッキャラン空港)内に設置されているスロットマシンに書かれている注意書きで、そのことが読み取れる。  つまりこの写真内の LOITER や NEAR といった文字からもわかる通り、21才未満の者はカジノ内のみならず、空港のような公共の場所においても、スロットマシンのプレーはおろか、マシンの近くでぶらぶらすることすら許されていない。 したがって、日本では成人扱いになる 20才の者でも(選挙権年齢の変更に伴い18才でも成人扱い?)、当地のカジノでは未成年扱いになるので注意が必要だ。  また、親が乳幼児を背負ってのスロットマシンなども、もちろん禁止されているので、子連れでのラスベガス旅行を計画している者はよく考えたほうがよい。 ちなみにアメリカでは、子供は常に大人の監視下に置かなければならないので、子供をホテルの客室内に寝かしつけてから親がギャンブルに興じることなども厳禁だ。発覚した場合、日本からの観光客であろうが親は 警察に連行される ので絶対にしてはならない。

ディスカッション