【税金】 カジノからの収益があるのでベガスには消費税がない、というのは完全なデマ。 概要

勝った後の税ベガスカジノ – 698688

参考までに、「ラスベガスには税金がない」という噂の根拠は、ラスベガスが属するネバダ州に所得税や法人税がないからだ (固定資産税はある)。が、これにも誤解があるので補足説明が必要だろう。  他州の住民や法人に比べ、ネバダ州の個人や法人が法人税や所得税を納めていないのかというとそんなことはない。なぜなら、州税がないだけで、国税はあるからだ。  もともと、どこの州に住んでいようと、所得税も法人税もその大部分は国税であり、各州独自の所得税や法人税の税率は国税に比べてかなり低い。  したがって、ネバダ州の個人や法人が受けている州税の免税による恩恵は、それほど大きくない。 (累進税のため総所得によって異なるが、一般的な給与所得者の州税無税の恩恵は、総所得のほんの数パーセント。とはいっても高額所得者にとっての恩恵はかなり大きな額になる)。

ラスベガス大全とは?

ラスベガスで課税される対象になるのは、キノ・スロットマシン・ビデオポーカーなどのゲームで、ジャックポット当選などによって 一撃でドルを超える金額 を手に入れた場合です。 北海道が統合型リゾート IR の誘致を断念したことを受け、最も影響を受けたのは候補地とされていた苫小牧市に他なりません。 未だに知事の判断に納得。 ギャンブル依存症はカジノを語るうえで大きな問題です。 脳のメカニズム、もしなってしまった場合にどうすれば良いのか?治療は病院は行けばいのか?様々。

カジノの稼ぎは「一時所得」と呼ばれる

ラスベガスといえばカジノ、カジノといえばラスベガス。そんなラスベガスにやって来て本場のカジノをエンジョイしない手はない。  あまりのめり込みすぎるのも問題だが、せっかくはるばる日本からやって来たからにはぜひ楽しんで帰りたいものである。 ところが残念なことに、カジノにまったく興味を示さない日本人観光客も少なくない。  やりたくてもルールがわからない、英語に自信がないというのであればそれはそれで理解できるが、 「ギャンブルは罪悪だ」 、 「絶対に勝てないように仕掛けられている」 、 「どんなに小額でもカジノでおカネを失うのはバカバカしい」 など、勝手な誤解や偏見を持ち、せっかくの体験チャンスをみずから放棄してしまっている者が少なからずいる。(下の写真はラスベガスのカジノ街)。 もちろん「やる・やらない」は個人の自由だが、ラスベガスまで来て遊び心を持つ余裕がないのもあまりにも寂しすぎはしないか。  またそのような誤解や偏見をまわりのビギナーたちに説教している輩も見かけるが、もはやそれはまわりの者にとって迷惑千万な話だ。 とにかく本場ラスベガスまで来てギャンブルをやらないということは、 ハワイへ行ってビーチに一度も出ないようなもの と考えたい。勝ち負けはともかく、なんでもいいからトライしてみようではないか。

日本の居住者としての納税義務

CR2 PA7 2 Light Version. CR EWNB CR RECYBORG CR CR LIGHTver CR 99Ver CR Ver Remember Sweet Version P CR 99ver CR FPL CR CR GANTZ CR.

ディスカッション