テキサスホールデムのコツ!ボードの読み方・テーブルの雰囲気・ブラフ バラエティ

カジノの特徴ポーカーのブラフ – 605741

カジモ編集部の笠原豪です。 今回は 「ポーカーの戦略の1つ、ブラフ」 を徹底的に解説していきます。

日本のポーカーは時代遅れ?

フロップする前にホールカードを枚配られただけで一回目のBETをしなければならないことを考えると、慣れない間はどういうときにプレイを続行し、どういう時はフォールドすれば良いのか迷うところではないでしょうか。 この場合のコツとしては、テキサスホールデムに慣れるまではハイクラスのカードが手元に来たかどうかを一つの目安とします。万が一誰も役が付いていない時にハイカードとして有効となるので、特にスペードのAが回ってきた時は無難にコールしていくのが定石です。逆に、9以下の数字が2枚回ってきた時は降りて次のゲームを待ちます。 もし資金に余裕があるのであれば、どんな低いカードが来ても勝負に乗っておき、他のプレイヤーのスタイルを見ておくのもとても勉強になります。熟練したプレイヤーでも最初から早々と降りる人も少なくありません。 自分は強いカードを持っていますよと見せかける時、または本当に強い役ができているときにレイズ、リレイズしてBETを引き上げていくことを 「ブラフをかける」 と言います。それ以上他のプレイヤーが出せないというほどひき上げれば自分以外がフォールドして独り勝ちできることもあります。そのぐらい強い役の時に強気で攻める場合と、全く何も無いのに周りが降りることを目論んでレイズしていく場合の2通りあります。後者は最後までプレイヤーが他にも残ってしまうとかなり不利になります。このあたりの駆け引きが初心者には難しいとされています。コミュニティカードの配列が誰にとっても使いやすい時も、チップを引き上げて自分で自分の首を絞めないように気を付けましょう。 ボード上で数字が並んでいる時、もしくは同じマークが揃っている時、勝てる役になる確率はどのプレイヤーにも残されています。そこで自分のホールカードを合わせても残り1枚で役が完成しそうな時はゲームを降りない、ターン&リバーまで残った方が勝ち目があるからです。ホールカードとコミュニティカードの1枚で役は見えているが、残り2枚に賭けるという配列になっていると、残るにも迷いが生じるためにフォールドしておく方が負けも少なく済みます。 しかし、ターン&リバーまで役を待つにあたり、コミュニティカードを含めてもハイクラスのカードがホールカードにある時はレイズまでいかなくてもコールしながら様子を見ても良いでしょう。これを見て他のプレイヤーが降りればコミュニティカードよりも下の数字か、役がまだ成立していないこと意味します。 自分の役が強いか弱いかを置いておいて、レイズ&リレイズしてブラフを行うのは自由です。しかし、テキサスホールデムの場合はSBとBBの順番が決まっているように、どの順番でプレイが回って来るかも重要であり、基本的にはBET額が全員同額にならなければ次のベッティングラウンドに進めないことから、自分よりも資金力の高いプレイヤーがいる時点でどんなにブラフを狙っても自分が降ろされる可能性が大いにあります。 そういったテーブルの雰囲気を読み取るには、他のプレイヤーの性格 アグレッシブなのか慎重派なのか、表情に出ないのか、いつも後手に回るスタイルなのか を分析することが勝敗を握る大きな鍵となります。 そして自分よりも資金力が豊富にあるプレイヤーに対してはブラフを行わない、本当に強い役になった時のみオールインを宣言してゲームに残る判断をするなど自分中でルールを決めておくと、強い役なのに負け越してしまうなどの 悔しいミスを防ぐこと に繋がるでしょう。このように、テキサスホールデムポーカーは、カードの運の他にも役の見方、資金力、ハッタリを見破られないタイミングなど様々な要素が組み合わさって勝敗の分かれ道となるのです。 カジペディア カジノゲーム テキサスホールデムのコツ!ボードの読み方・テーブルの雰囲気・ブラフ。

カジノの特徴ポーカーのブラフ – 424543

バナー・ベラジョンカジノ

これを読んでいる方で、ポーカーを楽しまれた事のある方は決して少なくないと思います。 でも、そのポーカーはディーラーによって配られた5枚のカードと1回のチェンジで決するポーカーではありませんか? 実はそれは「クローズド・ポーカー」というもので、今ではビデオ・ポーカーくらいしかカジノゲームとしては成立していません。 ブリッジ、ジン・ラミーと並ぶ世界三大カードゲームなのに?という疑問はごもっともです。 現在、世界の人々が、ポーカーという言葉が示すのは「テキサス・ホールデム・ポーカー」 以下、テキサス・ホールデム の事を指します。 今回は、そのハマると抜け出せなくなる程面白い、駆け引き勝負のカードゲーム「テキサス・ホールデム」のテクニックについて解説させて頂きます。 出典: テキサス・ホールデム - Wikipedia。 ポーカーで稼ぐなら、テキサスホールデムの遊び方を覚えよう! ワールドカジノナビ。 ポーカーというゲーム性において、重要な位置を占めるのがブラフ(嘘)です。 テキサス・ホールデムでは、コール・レイズ・リレイズという強気のアクションを示す事は、自分のハンドが最善の手である事を示します。 しかし、全く勝負にならないブタ(役なし)であったとしても、このアクションはプレイヤー自身の意思で自由に行えるのが特徴。 このブラフの目的は、ズバリ相手を勝負から降ろしてしまう事にあります。 例え、手札がせいぜい「Jハイの役なし」程度であったとしても、勝てると信じて行うアクション全般がブラフと言えます。 上手く決めることが出来れば、相手が「Aハイのフラッシュ」であったとしても役なしで勝つことも可能。 このテクニックによる駆け引きこそが、テキサス・ホールデム最大の魅力です。

ディスカッション