【ラスベガス贅沢トリップ VOL.1】ラスベガス最旬ホテル&ダイニングで非日常感を堪能! バラエティ

クリスマスパーティーグランドベガスカジノ – 855628

アメリカ・ネバダ州にあるラスベガス。皆さんはこの街にどんなイメージを持っていますか? やはりカジノという印象が強いのではないでしょうか。かく言う私も年公開映画『カジノ』や年公開映画『オーシャンズ11』が大好きなので、やはりラスベガス=カジノの街というイメージがありました。 しかし、ラスベガスはそれだけではありません! 年々豪華になる人気アーティストのエンターテイメントショーやセレブリティシェフを誘致したハイレベルなレストラン、そして世界遺産のグランドキャニオンやアンテロープキャニオンの大自然など、カジノ以外にも楽しめるコンテンツが盛りだくさんです。 そこで今回は ラスベガス観光局 のご協力のもと、究極のエンターテイメントシティ・ラスベガスにちょっと贅沢トリップしてきました。第1弾の今回は話題のホテル編、 第2弾ではマライア・キャリーやシルク・ドゥ・ソレイユのエンタメ編 、 第3弾ではレストラン編 をお届けします。

■心身ともにリラックス! 高級スパで長旅の疲れを癒やす

オンラインならホテルや会場の公式サイトから。ラスベガスに来てからは会場のボックスオフィスで。 もしかしたら、ディスカウントチケットがでるかもしれません。 ショーを見るなら少しでも安く!ディスカウントチケットを買う方法。 ソールドアウトの場合はチケット売買サイト「 viagogo 」などで探してみて。

クリスマスパーティーグランドベガスカジノ – 909771

ほかにも、立ち並ぶ高級ホテルや

またこの時期は縁起がいいのか、ラスベガスで結婚式を挙げるカップルも非常に多く、それに伴う招待客などによる混雑も無視できない。(縁起よりも、年度変わりによる配偶者控除の節税恩恵を受けたいためとのウワサもあるが…)  さらに元旦恒例のローズボウル(カレッジフットボールのビッグイベント)などをラスベガスのスポーツブックで賭けながら観戦しようという客も大勢集まる。とにかく 12月31日から1月1日にかけては 1年のうちで最も混む日と考えてよい。 開催時期は毎年1月上旬の平日の4日間になることが多い。そのためこの CES はラスベガスの正月の風物詩となっている。  この期間中は、世界中から業界関係者、約15万人ほどが集まるので、一般観光客がホテルを確保するのはかなりむずかしくなる(宿泊料金が高騰する)。  レストランやバフェィなども非常に混雑し、タクシー乗り場にも長蛇の列ができる反面、テーマパークなど遊び関連の施設はガラガラにすいてしまうことになり(特に昼の時間帯)、ナイトショーもそれほど混まない。(ビジネス出張族は夜も社員同士や取引先などと食事をすることが多いため)  ちなみに、やや古いデータではあるが、年1月のCES開催時、コンベンションセンターに近い老朽化した中級ホテル「リビエラ」の宿泊料金が、通常時の 39ドルから ドルにまで跳ね上がった。(なおリビエラホテルは 年5月に閉鎖され今は存在しない)。 宿泊予約のみならず、スポーツブックの座席の取り合い合戦もこれまた風物詩といってよいだろう(最近は有料制になってきている)。  ちなみにラスベガス観光局が発表したデータによると、年2月1日開催の「ニューイングランド・ペイトリオッツ 対 シアトル・シーホークス」のスーパーボウルの日のラスベガス訪問者数は ,人。  ラスベガス全体のホテルの客室数が約15万部屋であることを考えると、2人一部屋利用で全部屋が完売されたことになる。

■連日大盛況! NYの人気ホテル&ダイニング「ノマド」がラスベガスに上陸

Free games that will have you coming back for more.

関連記事(一部広告)

656 30.

ディスカッション