ベトナム最大級のカジノ、来年オープンか バラエティ

高収入ダナンカジノ – 649683

常に独自の視点で独自の音楽を生み出していくDJとして世界中で活躍する田中知之(FPM さん。音楽のみならずファッション、時計、クルマ、グルメとオールジャンルでの博覧強記を駆使した田中流「男の定番」をご紹介する連載です。

2.カジノが楽しめるおすすめホテルは?

マカオ最大のエンターテイメントと言えば・・・やっぱりカジノですよね! 日本にもIR 統合型リゾート施設 が出来るとはいえ、まだまだ「ギャンブル」に抵抗を感じる方も多いはず。 また、「そもそもどのゲームをやればいいのか分からない」「ルールを知らないから選択肢がない」という方もいますよね。 今回は、そんな初心者の方の不安や疑問点を1つ1つ解消していきます!

1.初心者でも大丈夫?マカオカジノの特徴と注意点

現地開発会社Hoi An South Developmentのエクイティ所有者は、Suncity Group Holdings(マカオ、ジャンケット)、ベトナム現地の投資・不動産業者VinaCapital、香港の投資業者VMS Investment Groupである。 Suncity Group Holdingsは、マカオにおける、カジノ・コンセッション満期(6社。それぞれ年、年に満期)後の新規参入を狙っている。ベトナムの大型実績を、その足がかりとしたい考え。なお、現在のところ、マカオ政府は、カジノ・コンセッション満期後の方針を決めていない。 パイロットは、その権益性の高さゆえ、ベトナム資本主体プロジェクトが優先対象となる可能性が高い。 北部クアンニン省Van Don Economic Zone(開発者:ベトナム Sun Group)、キエンザン省フーコック島(開発者:ベトナム Vingroup)が対象となる見通し。

ベトナム:Hoiana 40億ドルIR計画 2019年開業へ~Suncityマカオ営業権満期後の新規入札狙う

Quang Nam省の中心部で最大級のカジノが来年オープンする見込みだ。カジノを経営するのはマカオ最大手のジャンケットオペレーターであるサンシティグループホールディングス株式会社(Suncity Group Holding Ltd。 サンシティグループが経営するカジノは「Hoiana」がベトナムで初めてだ。サンシティグループのマカオ法人は今回のプロジェクト資本の3分の1を保有しているという。今回のプロジェクトで ベトナム国内にある VinaCapitalグループと香港に拠点を置くVMSも同じ比率で資本を保有している。 また、ハイフォン国際観光合弁会社のDo Sonカジノでも同じような状況が見られる。同社は長年赤字を計上している。年から年にかけては毎年平均22億ドン(万円)の損失が出ている。 ベトナム北部のLao Cai省のアリスト国際ホテルでは年の1年間で昨年比63%増の14万人がカジノを行ったとされている。しかし、カジノ事業の総収入は万ドル(約25億万円)にしか達しておらず、カジノの利益は年間の総収入の10分の1にも満たない。 ハノイ初の日系クリーニング・ランドリー専門店「Japan Laundry(ジャパンラウンドリー)」。 日本の最新クリーニング設備を使用しているため、日本品質のクリーニング・ランドリーサービスを利用することができます。

ディスカッション