吉村知事「政治家は使い捨ての方が僕はいい」激励に バラエティ

賭け方慰安婦橋下スロット – 539315

橋下 徹 (はしもと [注釈 1] とおる、 年 〈昭和44年〉 6月29日 [1] - )は、 日本 の 弁護士 ( 大阪弁護士会 所属 登録番号)、 政治評論家 、タレント、元 政治家 。 大阪維新の会 法律顧問。 東京都 渋谷区 生まれ。 豊中市 在住。

産経デジタルサービス

全検索 テーマ 記事 タグ。 検索ワード: 偏向テレビ /47件ヒットしました テーマ テレビ局いじめ? 首相の反撃が始まった 国民の共有財産である電波利用料の引き上げが決まった。増額は携帯大手が2割、NHKと民放キー局が5割とそれぞれ大幅な負担増となる。これまで利用料は3年ごとに見直されたが、今回は1年前倒しとなった。「テレビ局いじめ」「安倍政権の反撃」といった意見も聞かれる中、公共電波の意味を改めて考えたい。 テレビの公平性ってなんだ!? 公共の電波を使って、毎日のように偏向番組を垂れ流す日本のテレビ局がビビるのも無理はない。政府内で検討が始まった放送制度改革だが、中でも注目されるのが放送局に政治的公平などを義務付けた放送法4条の存廃である。大メディアはなぜ「撤廃」に猛反発するのか。議論の核心を読む。 高須院長がマスコミに注文「先に反日ですと宣言して」  高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に対して、自由気ままに提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!! NHK会長人事のバカさ加減 NHKの籾井勝人会長が退任する。公共放送のトップとしての資質に欠けた言動で混乱を招きながら、続投に意欲をみせた籾井氏の退任は、事実上の「クビ宣告」に等しい。一連の会長人事をめぐるごたごたは、NHK内部のバカさ加減を露呈したようなものだが、要は会長が誰であれ、公平中立な番組を作ってくれたらそれでいい。

橋下徹が韓国メディアを論破し、フルボッコ!慰安婦問題を語る

iRONNA 毎日テーマを議論する

さあ今年も頑張るか、と自分に鞭を入れた新年早々の1月2日、NHKが「(大阪)弁護士会が 橋下徹 氏の処分検討の方針 市長当時の発言で」というニュースを流した。またかよっ!て思うと同時に、自分の政治家の原点というものを正月早々振り返ることになったよ。歳をとったもんだ。 プレジデントオンライン 橋下徹氏 母子殺害事件を担当した弁護団に改めて言及「おかしい」。

ディスカッション