やがて日本もアジアに空前のカジノブーム到来 シンガポールでは客の圧倒的多数が大陸の中国人 ――「マリーナ・ベイ・サンズ」カジノ見学記 バラエティ

アジアカジノカードを守る – 996176

ナンバー検閲の第一関門を突破したみなさま、おめでとうございます。さ、 ドアをくぐったら次の瞬間には顔面カメラスキャン が待ってますよ~はい~。大体のカジノはこれ、警備員が高画素デジカメで不審者を特定してるのですが、著名カジノの間で最近導入が進んでいるのが「 生体顔面認証 」。カジノの監視技術を永久に変えてしまうポテンシャルを秘めた新技術なのです。

ゲーミングデータは脆弱か?

日本にもカジノ法案が成立し、カジノへの関心が高まってきました。 海外の多くの国では、合法のギャンブルとして楽しまれている「カジノ」は、日本の観光客の中でも、 海外旅行の記念に寄り道して遊んでみる 、といった形で最初は楽しんでいる方が、実は多いのです。 カジノがある海外の国の多くは、カジノは 合法のギャンブル とされており、 カジノの店舗を出すには、 政府の厳しい審査 をクリアしなければ運営することも、店舗を建設することもできません。そして、運営が始まった後も、 抜き打ちで厳しい審査を定期的にクリア しなければいけません。 つまり海外のカジノは運営する前も、運営中も政府から厳しく監視されていて、問題が起きれば即規制が入るぐらいに、厳しく取締りがされています。 カジノで遊ぶ人たちもそれを分かった上でカジノを遊んでいるので、不正をせずにルールを守って遊ぶのが、暗黙のルールです。 皆さんご存知の通り、 「カジノはお金を賭けて遊ぶところ、いわばギャンブル場」 です。 これだけ聞くと、怖いところのように聞こえるかも知れませんね。 騙されたり脅されたり、怖い思いをするかも 、という不安を持つ方も多いと思います。 簡単にあげても、これくらいのことがあります。 金銭の賭け事は主に、 自分と運営側 ディーラー の間 でしか行われません。 参加しているゲームから降りる場合は、必ず止めれるタイミングがあり、自分が負けたとしても、ゲームの参加中に自分が出した以上のお金やチップをとられることはほぼありません。

やがて日本もアジアに空前のカジノブーム到来 シンガポールでは客の圧倒的多数が大陸の中国人 ――「マリーナ・ベイ・サンズ」カジノ見学記

フォーブスは、年までにサイバー犯罪が世界経済に6兆米ドル 約兆円 もの損害を与えると予想している。これは、一年間に発生する全ての自然災害による損害を超える額で、違法薬物の国際取引をはるかに上回る額だ。 サイバーセキュリティは後知恵であってはならない。日々の実務の不可欠な要素であるべきだ。ゲーミング・ラボラトリーズ・インターナショナル GLI は、アジア太平洋市場に世界レベルの包括的なサイバーセキュリティポートフォリオおよびBulletproofを通じたマネージドITサービスを提供する。Bulletproofとは、GLIが持つ他社にはない50年以上の世界でのゲーミングおよび宝くじ経験に支えられており、アジア太平洋地域の研究所はアデレード、メルボルン、シドニー、マカオそして東京の5か所に展開しているGLIカンパニーである。

アジアカジノカードを守る – 219755

IR*ゲーミング学会

お使いのブラウザはJavaScriptに対応していないか、または無効になっています。詳しくは サイトポリシーのページ をご覧ください。

ディスカッション