カジノで勝った時の税金は?ギャンブルと税金の解説。 バラエティ

勝った後の税ビデオスロット – 321561

ラスベガスで課税される対象になるのは、キノ・スロットマシン・ビデオポーカーなどのゲームで、ジャックポット当選などによって 一撃でドルを超える金額 を手に入れた場合です。

提携数日本一!オンラインカジノ公認配信者に選ばれた漢

結果、このフリーゲーム1回でドルを獲得。普段ならクレジットに加算されて「CASH OUT」ボタンを押せばレシートが発行されて、その紙を専用マシンに入れれば現金が出てくるというシステム。だが、ボタンを押しても何も反応せず、「従業員を呼んでください」という表示が出た。 Home イーストベガス構想について 活動 IR関連ニュース IRを応援する! 協議会について ノンフィクション・イーストベガスの軌跡。 コングラッチュレーション」と快哉を叫んだあと、「ドゥー・ユー・ハブ・アイティナンバー?」と続けてくる。「アイティナンバー?」と聞き返すと、ペラペラと英語でまくしたててくるので、不安になってくる。英語が少ししかわからないことを告げると、3歳児に言葉を教えるように簡単な単語でゆっくりと説明してくれた。彼のいうところを整理すると、「あなたはドル以上当てた」、「その場合、外国人は30%の税金を払う必要がある」、「しかしアイティナンバーを持っていれば免除される」、「いま手続きすれば、明日の午後3時には取得できる」とのことだ。 「ドルの30%」といえばドル近いので、もちろん答えは「イエス」。パスポートと一緒に申請用紙を提出、とりあえず税金を引いたドルを受け取り、明日、再びカジノを訪れることに。翌日、キャッシャーに控えの用紙を持って向かうと、差額のドルと一緒に、ナンバーの証明用紙をくれた。 後日、調べたところ、アイティナンバーとは記者の聞き間違いで、正しくはアイティン(ITIN)ナンバーという。アメリカの個人納税者番号のことで、簡単にいえば、「この番号を持っていれば、アメリカに税金を払う必要はない。日本で申告しろ」ということ。アメリカと日本は租税協定を結んでいるため、「カジノで勝った」という情報は日本の税務署に送られる。日本では一時所得扱いになるので、申告しなければもちろん脱税となるのだ。 利便性があるようで面倒なシステムだが、一つ気になるのは、今回は大当たり後に余裕があったのでITINナンバーを取得できて30%もの税金をぼったくられることはなかった。が、たとえば帰りの空港においてあるスロットマシンでドル以上の当たりを引いても、ITINナンバーを新しく申請、発行する時間はなく、税金の30%がガッチリと引かれてしまうということ。たいていのラスベガスのカジノのキャッシャーでは、いつでも申請を受け付けているので、来たるべく大当たりに備えて、旅行の序盤に取得しておくのがベストのようだ。 <取材・文/日刊SPA!取材班>。 Next 【時視各角】カジノは無条件でだめなのか=韓国(1) Previous マカオを支える「総量規制」と「クラスター」 交通インフラ整備でまだまだ発展の余地 Facebook。 特定非営利活動法人 イーストベガス推進協議会 事務局: 〒 秋田県秋田市旭北栄町 TEL FAX Copyright 特定非営利活動法人 イーストベガス推進協議会。

ディスカッション